コラーゲンって効くの?

コラーゲンって効くの?

コラーゲンって本当に効くのでしょうか。
コラーゲンの効果について、「全く無い」と医師がインターネット上で発言していたりします。

 

そうすると、本当に効果ってないのかなと思う方も多いと思います。

 

しかし、大手メーカーが10年以上前からコラーゲンについて研究し、多くの製品が発売されてきました。もちろん、全く効果が無かったら大問題になりますから、発売前に使った方に効果が出るかの確認もなされています。

 

現在、これだけ多くの方がコラーゲンを愛用し続けているのに、「プラセボ効果だ」と言い切れますでしょうか。コラーゲンの効果を感じたいなら、「低分子コラーゲンを摂取すること」「長期間継続すること」が望ましいです。

 

「ヒドロキシプロリン」という物質は、コラーゲンにしか含有されておらず、
ヒドロキシプロリンが無いと、コラーゲンの螺旋構造を作ることができません。

 

コラーゲンを摂取する意味は、「体内で常にコラーゲンを作り出す」ということなのです。
そのように解釈しないと、「コラーゲンを摂取しても意味がない」ということになります。

 

たまに気が向いた時に、コラーゲンをたっぷり含んだ煮凝りのできるような魚や鶏肉の煮物等を摂取しても美肌にはあまり意味がないのです。きちんと、効果のある仕組みを分かっていると、間違った情報に振り回されずに済みます。