ヒアルロン酸の効果・効能

ヒアルロン酸の効果・効能

ヒアルロン酸という言葉をよく耳にしますが、どういうものでどういった効果があるのでしょうか。
ヒアルロン酸は、もともと体内に有り、皮膚・軟骨・目・関節液・脳等に多く含まれています。

 

粘性の液体で体内で衝撃から身を守ったり、潤滑油のような働きをしています。

 

ヒアルロン酸は、加齢とともに体内で徐々に失われていきます。20代をピークに徐々に失われていき、70代ではほとんどが失われるといっても過言ではありません。

 

ヒアルロン酸は、保水力が非常に高いために、年齢と共に乾燥しやすくなったお肌に効果があると言われています。お肌にハリや潤いを保つことで、シワを防いだり弾力のあるみずみずしい肌をキープする事ができます。

 

また、関節痛にも効果を発揮します。ヒアルロン酸は、衝撃から身を守ると前述しましたが、加齢によってヒアルロン酸が失われると歩いた衝撃で膝が痛くなったりします。そこで、加齢と共に体に不足しているヒアルロン酸を補います。体全体の関節の動きもスムーズになります。

 

また、美肌や関節痛の他にもアトピー性皮膚炎やリウマチにも効果を発揮する場合もあります。ヒアルロン酸は、短時間しか体内にとどまることができないため、継続して毎日摂取することで効果を発揮します。