プラセンタの安全性

プラセンタの安全性

プラセンタの安全性はどうなのでしょうか。副作用に関する安全性ですが、「アミノ酸アレルギー」、使われているプラセンタの「動物のアレルギー」を持っている人が用いるのは危険です。これらのアレルギーを持たない多くの人は、プラセンタを安全に使用することが可能です。

 

病原体に関する安全性ですが、今までのところ、プラセンタ製品から感染したという話は確認されていません。しかし、まだ認知されていないだけで未知の病原体が含まれている可能性を考えれば、100%否定することはできません。

 

もし、心配であれば、国産で厳しい管理下の元に飼育された豚や同じく厳しい管理下に置かれているサラブレッドの馬プラセンタがお勧めです。動物由来の製品であるため、何かと不安な面もあるという方もいるかも知れません。

 

現在までに、日本のみならず世界においてもプラセンタは多くの人が愛用しています。
そう考えると、安全性は高いと考えて良いと思います。

 

プラセンタは、約4000年前、秦の始皇帝の時代に不老長寿の薬として使われていたそうです。
また、クレオパトラやマリーアントワネットもアンチエイジングや美容に用いていたと言われています。

 

また、日本でも稗田憲太郎氏や三林隆吉教授等多くの医師や教授もプラセンタの有効性に気づき、研究し効果を発表しています。これだけの歴史のあるプラセンタですから、安全性は問題ないと言えます。