プラセンタの成分

プラセンタの成分

プラセンタにはどのような成分が含まれているでしょうか。

 

アンチエイジングに良い効果をもたらすと言われている成長因子は、特定の細胞の増殖や働きを活発化します。少量でも効果を発揮し、細胞の新陳代謝を促す効果があります。

 

具体的には、HGF(肝細胞増殖因子)、EGF(上皮細胞増殖因子)、NGF(神経細胞成長因子)、FGF(線維芽細胞増殖因子)、IGF(インシュリン様成長因子)、IL‐1、IL‐2、IL‐3、IL‐4等が含まれています。

 

体に必要な細胞の原料となるアミノ酸も豊富に含んでいます。

 

プラセンタに含まれているアミノ酸は、単体で構成されていますから、体内への吸収率が高いと言われています。20種類のアミノ酸が含まれており、具体的には、ロイシン、リジン、バリン、スレオニン、イソロイシン、グリシン、アラニン、アルギニンなどを含有しています。

 

遺伝子の修復や新陳代謝の調整を担う核酸であるDNA、RNA等も含まれています。肝臓で合成されますが、20歳を過ぎると体内で減少してしまうため、アンチエイジングのために摂取すると効果的です。

 

生命活動に重要な酵素も多く含んでいます。

 

アルカリホスファターゼ、酸性ホスファターゼ、ヒアルロニターゼ、アデノシン三リン酸等100種類近くもの酵素を含有しています。ビタミンは、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE、ナイアシン等を豊富に含みます。生活習慣予防や体内の生理機能を整えるのに有効です。

 

体内の血液や体液を調整するカルシウム、ナトリウム、カリウム、リン、マグネシウム、亜鉛、鉄などのミネラルも多く含んでいます。